ドラゴンクエスト(ドラクエ)攻略速報 | DQMSL・モンパレなどドラクエの攻略・まとめ・速報

1,217PV

onoLNBqzp

527: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/07/27(水) 10:56:51 ID:
、状態や効果のタイミングを下記に変更
すまん頭の弱い俺に教えてくれ
この変更によるメリットとデメリットを

 

541: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/07/27(水) 11:06:32 ID:
>>527
メリット:攻撃2段下げされてて、そのターンにその効果が切れるとして、以前ならときどきバイキルトが掛かると攻撃0段になるが、変更後は切れてからバイキなので攻撃2段になる

デメリット:ときどきマジバリとかで、以前なら丁度切れるターンに発動が被れば2段になってたけど、変更後は切れてから発動になるから1段になる

これで合ってるかわからんけど、まぁ殆どメリットもデメリットも無いんじゃないかな

 

550: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/07/27(水) 11:22:31 ID:
>>527
俺の経験則で話すけど、まず前提として、ときどき○○系はすでに効果がかかってるところに、追加で効果が発動されない。
具体例で言うと、
ときどきマジックバリア持ちのエビルエスタークは、マジックバリアが1段かかってるときに、追加でときどきマジックバリアが発動する(2段になる)ことはないし
ときどきみかわしきゃく持ちのゴンズは、みかわしきゃく効果発動中に追加でみかわしきゃくが発動(効果の上書き)されることはない。

今回の発動条件変更によりこれがどうなるかというと
エビルエスタークの場合、
■今まで
ときどきマジックバリア発動→3ターン後に効果消滅→最速で次ターンにときどきマジックバリア発動

■変更後
ときどきマジックバリア発動→3ターン後に効果消滅→最速でそのターンにときどきマジックバリア発動

となり、効果が切れた瞬間にまた発動ということが可能になる。
さらに、>>541の言うとおり、マイナス効果がかかってる状態でも、先にマイナス効果の消滅判定がされるので
攻撃2段下げ解除→ときどきバイキルトで攻撃2段上げのような強化も可能になったということ。
つまり、メリットはあってもデメリットは無い仕様変更。

その分のバランス調整として、ときどきみかわしきゃくとときどきビッグシールドのターン数を減らしたのだと思われます。

 

553: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/07/27(水) 11:25:32 ID:
>>550
重複発動は無かったんだな
じゃあメリットだけか、中々いいね

 

554: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/07/27(水) 11:27:34 ID:
>>541
>>550
わかりやすい
やっと理解した

 

1001:
1001: 2015/06/29 00:38:58 ID:
  • Loadingこの記事をお気に入りに追加する
  • この記事をツイートする


只今、こんな記事が沢山読まれてるよ♪
関連記事

コメントを書く

コメントを残す



次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

このページのトップヘ